2.実践にあたって

 

実践にあたって

 

  1. ファンド購入にあたっては、どんな書類が必要になりますか?
  2. ファンドへの投資金額は、御社に振り込むのでしょうか?それともどちらかに送金するのでしょうか?
  3. 海外ファンドとは共同名義という制度があると聞いたのですが。
  4. 金融商品、及びプランニングに対する御社の方針を教えてください。
  5. 海外に銀行口座がなければ投資できないものですか?

 

コンサルティング申込(初回ご相談無料)

 


18.ファンド購入にあたっては、どんな書類が必要になりますか?

一般的には、写真つきの本人確認の書類ということで、パスポートが必要となります。パスポートをお持ちでない方の場合は、運転免許証にサインをしたもので代替可能なケースもあります。また、住所確認のための1~2種類の書類が必要となります。
通常は、公共料金の支払い明細(携帯電話の明細は不可)や、住民票、また、本人確認の書類で運転免許証を使っていない場合には、こちらを使うことも可能です。

このページの上へ


19.ファンドへの投資金額は、御社に振り込むのでしょうか?それともどちらかに送金するのでしょうか?

海外ファンドに投資をされる場合は、あくまで、お客様の海外直接投資となりますので、弊社がお金をお預かりすることは一切ありません。従って、投資金額は、直接、海外のファンド会社が指定する口座に振り込んでいただくことになります。弊社の立場としては、投資顧問契約に基づく助言とその投資に係る事務のサポートをするという形になります。
逆に、アドバイス会社の口座へ振込みを指定するようなケースは、気をつけられたほうが良いといえるでしょう。

このページの上へ


20.海外ファンドとは共同名義という制度があると聞いたのですが。

ございます。これは、ファンドの購入者を複数登録することのできる制度で、一般的にはご夫婦や親子などで設定される方が、多いと言えます。ただ、お子様の場合は、通常18歳以上という年齢制限がありますので、ご注意ください。

このページの上へ


21.金融商品、及びプランニングに対する御社の方針を教えてください。

当社では、お客様の資産運用に適した情報提供、コンサルティング、プランニングを提供することを第一に考えておリます。そのためには、通常はご面談を通して、お客様のニーズを的確に把握した上で、投資顧問(助言)契約を結んでいただき海外ファンド投資に関する具体的提案をしております。
その際には、IFA(=独立したファイナンシャルアドバイザーの立場、すなわち、金融機関から独立した立場)として、本当に、中立的なアドバイスをさせて頂いております。

このページの上へ


22.海外に銀行口座がなければ投資できないものですか?

日本の銀行から、海外のファンド会社指定口座へ送金することが可能ですので、海外に銀行口座をお持ちでなくても投資は可能です。

このページの上へ

 

コンサルティング申込(初回ご相談無料)

 

 

 

▲このページのトップへ