書籍第3弾 「海外分散投資入門」発売開始!

 

前著「着実に年10%儲ける 海外分散投資入門」の改訂版として、データのアップデートを行うとともに、「海外分散投資は、日本の将来の生き残りのためにも必要」という視点を盛り込んでいます。
「通貨分散」を主体とした海外分散投資をメインに、「オフショア金融システム」や「海外ファンド」についての解説を行い、実践に役立つよう年代別に「具体的な運用プラン」もご紹介しています。
そして、何といっても今回の書籍の一番の“目玉”は、前述の通り、“日本の将来ビジョン”、そして“為替政策”などに絡めながら、“海外分散投資の必要性”について言及している点です。

第8章 「海外分散投資」が日本の将来を救う!

広がる日本の将来不安

為替政策を考える

「円安」「円高」のメリットとデメリット

日本の〝強み〟とはなにか?

日本社会の進むべき方向性と為替政策

日本人に「海外分散投資」が必要なわけ

是非とも、この“時期”に読んで頂きたい、自信を持ってお届けする「一冊」です!

「海外分散投資入門 -日本が財政破たんしても生き抜くためのノウハウ-」

 

 

▲このページのトップへ