フィデューシャリー宣言

 

2015年10月1日

IFA JAPAN株式会社
代表取締役社長 荒川 雄一

フィデューシャリー宣言


投資運用を行う当社は、お客様のために業務を行うに際し、フィデューシャリー・デューティーを経営の規範ととらえて、当社及び当社役職員がフィデューシャリー・デューティーを遂行するため、以下の通りの規範を遵守することをここに宣言します。これら規範の遵守に際しては、形式的な対応ではなく、フィデューシャリー・デューティーの本質的な意味の理解、実践を図るものとします。

1.利益相反の禁止
・新契約の締結において、当社と利害のある関係者を通じた不当な影響力の行使は行いません。
・顧客資産の助言業務において、利益相反の恐れのある立場に自らを置きません。
・助言業務の遂行において、当社規程に基づく投資判断決定のプロセスを遵守し、投資判断の決定はすみやかににお客様の資産運用のため伝達いたします。また当社は、運用会社との業務提携、資産管理会社、機関、外国証券会社との間で特別な関係を持つことは一切行いません。

2.報酬の合理性
・顧客資産の規模や運用内容等の差異に応じた合理的な報酬率を適用し、同一サービスには同一報酬率の原則を遵守します。
・報酬率は、当社助言業務の質の維持向上、永続性を確保するために適正な経営経費に基づき決定を行います。また、適正な経営経費は、運用プロフェッショナルとしての適正な一般経営管理費、報酬及び適正な資本利潤率に基づくものとして厳正に管理いたします。

3.遵守態勢
・規範の遵守のため、規範への抵触の恐れがあると思われる行為は、コンプライアンス委員会、投資委員会その他、関係外部機関、専門家等への事前確認を行います。
・規範の遵守状況については内部監査を実施し、定期的に代表取締役に対し報告を行います。
・コンプライアンス委員会は、運用プロフェッショナルで構成された取締役及びコンプライアンスオフィサーにより構成され、規範の遵守状況を監視すると同時に、社員に対する法令遵守精神の徹底に関するプログラムの策定、実践を行います。

以上

 

 

▲このページのトップへ