「金融商品販売法の改正」に伴うFP協会からの取材記事

本年11月より、「金融サービス提供法」に名称が変更されると共に、新たに「金融サービス仲介業」が、創設される運びとなっています。生活者の利便性の向上を目的としていますが、懸念材料がないわけではありません。住宅ローン、保険、投資信託など、幅広い金融商品を扱えるようになる予定ですが、その分専門性が低下するのは、否めないからです。

特に「資産運用」分野においては、“継続的なアフターフォロー”が必要なため、利用者が何を重視するかが、重要なポイントとなっていくでしょう。先般、NPO法人日本FP協会の機関誌、「FPジャーナル」でこのテーマが取り上げられ、取材に対して、当社代表の荒川がコメントさせていただきました。

記事の内容をご覧になりたい方は、こちらより、お問い合わせください↓

https://www.ifa-japan.co.jp/contact/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top