iDeCo加入者数、もうすぐ140万人---IFA-JAPAN

iDeCo加入者数、もうすぐ140万人

さて、今回は、「iDeCo」についてです。

「個人型確定拠出年金」いわゆる「iDeCo」も、2017年から対象者が拡大され、一部の金融機関が積極的に営業を拡大したこともあり、2019年9月時点での加入者は、138万人となっています。

ちなみに、2016年時点での加入者数は、30万人でした。
※「国民年金基金連合会」イデコ公式サイトより

この国が将来も、経済的に豊かな国であり続けるか、だんだんと国力が衰えいくのかは、誰にもわかりません。

ただ、現行の公的年金制度が、このまま維持されるのであれば、公的年金を受け取る人は増え続け、負担する労働者の数が減少していくことは、人口統計を見れば、一目瞭然です。

従って、将来の日本の盛衰を考える前に、まずは、自分で自分の将来に向けて、“備え”を固めておくことが重要です。

「iDeCo」をされていない方の理由には、色々あると思います。

「取り組み方が良く分からない」
「拠出するお金がない」
「60歳まで待てない」など。

ただ、将来に備えられるのは、“収入がある時”だけです。

特に、会社に確定拠出年金や、確定給付年金の制度が無い方、あまり退職金が期待できない方、自営業者の方など、少しづつでも、自分の将来のために、コツコツと始めましょう。

はじめ方で悩んでいる方、まずは、ご相談ください↓

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top