グローバルバランス型ファンド

こんにちは!

さて、今回は、株式や債券などに投資する「グローバルバランス型ファンド」を取り上げたいと思います。

運用を行っているのは、日本にも拠点を持つ米国系の資産運用会社です。

複数の資産クラスに投資するバランス型ファンドは、過去にも何度かご紹介してきましたが、こちらのファンドの特徴は、“保守的なアプローチ”で、世界各国の大型株と高格付けの債券を中心に、「分散投資」する点にあります。

基本的には、株式6割、債券4割の資産配分で、「ポートフォリオ」運用を行っています。

また、市場環境の変化に対応し、自動的に「アセット・アロケーション」を変更することにより、株式市場の下落リスクに対応しています。

では、実際に、過去10年間の運用実績を観てみましょう。

2011年1.32%
2012年10.13%
2013年14.79%
2014年2.15%
2015年-2.74%
2016年4.66%
2017年13.90%
2018年-8.34%
2019年17.03%
2020年8.22%
年間収益率(直近10年)5.59%
標準偏差(直近3年)11.35

いかがでしょうか!?
まずまずの運用成績を残していると思います。

また、現在の「アセット・アロケーション」は、以下のように“分散”されています。

株式58.9%
債券24.6%
その他12.2%
キャッシュ4.3%

最近の特徴としては、株式、債券以外に、「その他」の割合を増やしたことにあります。

ここでいう「その他」とは、主に“デリバティブ取引”のことです。

市場のボラティリティ(価格変動性)が高まっているため、リスクヘッジを目的に、組み込んでいるようです。

また、地域別では、株式、債券共に、米国の割合がトップで約50%を占め、次に日本や欧州などの先進国が続いています。

その他ファンド概要については、以下をご覧ください。

ファンド形態グローバルバランス型ファンド
運用開始日1998年10月
投資通貨ユーロ、米ドル
購入手数料
解約手数料
マネジメントフィー1.05%
取引頻度毎日

なお、当ファンドに関するご質問、ご相談については、「2021-04グローバルバランス型ファンド」のファンド名で、以下よりお問合せください。

ブレ幅を抑えつつ、“偏らない分散投資”を、希望される方には、面白いファンドだと思います。

ご参考としてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top