グローバルフューチャーズ---IFA-JAPAN

グローバルフューチャーズ

さて今回は、ヘッジファンド手法の一つである「グローバルフューチャーズ」を、取り上げてみたいと思います。

特徴としては、その名の通り、世界中の先物市場を利用しながら、収益を目指す運用手法と言えます。

もともと商品先物などを積極的に扱ってきたため、「CTA」と呼ばれることもあります。

CTAとは、「Commodities Trading Advisor」の頭文字をとったもので、いわゆる商品先物系のトレーディングアドバイザーを、行っている会社の事を指します。

世の中に出始めたころ、フューチャーズ系のファンドは、好調に運用を続けていました。また、2000年を過ぎたころから、多くのフューチャーズファンドが設立されました。

ただ、近年は、“投機マネーの増大”や“価格変動(ボラティリティ)の高まり”を受けて、苦戦を強いられる年が続いた時期もありました。

「ポートフォリオ」の特徴としては、商品市場だけでなく、まさしくグローバルなマーケットに分散投資を行うのが特徴で、投資対象マーケットが100を超すことも珍しくありません。

ある時期のフューチャーズファンドのアロケーションは、以下のようになっていました。
ポートフォリオ構成例

金利関連23.2%
株式23.2%
通貨15.7%
エネルギー関連14.7%
債券13.6%
その他9.6%

幅広く、「分散投資」されていることがわかると思います。

グローバルフューチャーズにも様々なファンドがあるので、いうまでもなく、その運用実績をみるのはもちろんですが、ボラティリティなどのチェックも必須です。

リスクの低めのファンドと組み合わせるなど、「分散投資」で保有されるのが、基本と言えるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top