今年も-年明けは-“乱高下相場”に!---IFA-JAPAN

今年も、年明けは、“乱高下相場”に!

さて、今回のテーマは、今年も、年明け早々乱高下を繰り返す「日米の株式市場」についてです。

今年も、株式市場は、波乱の幕開けとなりました。

振り返ると、昨年の年初の相場も、2018年12月からの米中貿易摩擦の影響を受けて、大荒れで始まった株式市場でした。

今年は、昨年末も静かに終わり、平和なお正月かと思いきや、三が日も終わらないうちから、米国によるイラン革命防衛隊司令官殺害の報道で、お正月気分も一瞬で吹き飛んでしまいました。

ちなみに、昨年と今年の株式市場の動きを振り返ってみると、以下のような動きとなっています。

日経平均前日比

上段は2020年の最初の5営業日、
下段は2019年の最初の5営業日です。

営業日1日目2日目3日目4日目5日目
2020年451円安370円高370円安535円高110円高
2019年452円安477円高165円高223円高263円安

ご参考までに、NYダウの動きも観てみましょう。

NYダウ前日比

営業日1日目2日目3日目4日目5日目
2020年$330高$233安$68高$119安$161高
2019年$18高$660安$746高$98高$256高

日本でも米国でも、新年早々、よくまあこれだけと思うぐらいに、上がったり、下がったりしています。

ただ、こういった動きは、単純に毎日の報道に反応しているだけで、中長期の投資を考えている人が、一喜一憂する性質のものではありません。

逆に、これだけの乱高下に直面しても、ある意味、“動じない”ためには、中長期運用を前提に、「ポートフォリオ」を構築しておくしかありません。

この年初に、今後の「資産形成」に向けて、しっかりと、プランニングしておきましょう↓

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top