今日の数字「3.2%」 IFA Japan

今日の数字「3.2%」

さて、今日の数字は、世界経済の成長率です。IMFは、「世界経済は低迷を続けている」と、指摘しています。

国際通貨基金(IMF)は、この度、2019年の経済見通しを発表しました。

それによれば、前回4月の予測に比べ、0.1%下方修正し、3.2%としました。経済見通しが下方修正されたのは、これで4期連続となります。最大の要因は、米中の貿易戦争で、これにより世界の貿易量の予測は、前年比3.4%増から、2.5%増へと、0.9%も引き下げられました。

また、各国の成長率予測と、前回との「差」は、以下のようになっています。

2019年の経済成長率予測

 今回前回との「差」
世界全体3.2%-0.1%
日本0.9%-0.1%
米国2.6%0.3%
ユーロ圏1.3%0.0%
中国6.2%-0.1%
ブラジル0.8%-1.3%
ロシア1.2%-0.4%
世界貿易2.5%-0.9%

上記を観てみると、国によってバラツキがあることがわかります。

中国が下方修正されたのに対し、米国は、0.3%上方修正されました。ただ、米国経済も、このまま2020年に入ると、1.9%の成長率まで落ち込むと予測しています。その他、新興国も、軒並み下方修正されました。

一方、日本は、貿易量の減速と共に、秋の消費増税がマイナス要因とみられていますが、政府による内需喚起策によって、ある程度カバーできるとみているようです。

いずれにしても、米中の貿易戦争が、世界経済の足を引っ張っていることに変わりはありません。

本格的な景気低迷に陥る前に、“解決の兆し”が、見えてもらいたいものです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top