今日の数字「5780億円」

こんにちは!

さて、今日の数字は、このところ急激に発行が増加している“劣後債”です。

負債と資本の両面を持つ「ハイブリッド債」の人気が、なぜ急上昇しているのでしょうか!?

金融機関を除く事業会社が発行する劣後債が、10月単月で5780億円と過去最高となり、今年4-9月の累計額を超えました。

劣後債は、普通社債に比べ、返済順位が低い代わりに、利率が高いのが特徴です。

また通常、社債は負債計上となりますが、劣後債は、一部を格付け会社が資本として認定するため、財務の悪化を防ぐこともできます。

2020年度は、新型コロナの影響で、6月まで発行がほとんどありませんでしたが、ここにきて、急速に発行額が増加しています。

考えられる要因としては、まず企業サイドでは、コロナ禍で、経済の先行きが見通しにくい中、借り入れによる財務の悪化や、増資による株価下落リスクを抑えながら、資金調達できるメリットが挙げられます。

一方、投資家サイドにおいては、普通社債は、日銀による買い入れ強化などによって、利回りが一段と低下していることから、金利が高い劣後債は、高利回りの投資先となっているのです。

劣後債は、償還期限のない永久劣後債も発行することができ、基本、超長期債ではありますが、期限前償還されることもあります。

企業と投資家の“思惑”が一致している中、当面、増加傾向が続くものと思われます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top