今日の数字“120位”

こんにちは!

さて、今日の数字は、ここ数年、何度か取り上げてきた国際社会における日本の順位です。

調査対象の世界の156か国中、先進国とは思えない順位で低迷しています。

「男女平等」と言われて久しい日本ですが、世界の評価は厳しいものがあるようです。

さて、今年も世界経済フォーラム(WEF)が、男女平等がどれだけ実現できているかを数値化した「ジェンダー・ギャップ指数」を発表しました。

それによると、日本は、前年より1つ順位を上げたものの、相変わらず120位と低迷しています。

調査は、「経済」、「教育」、「医療へのアクセス」、「政治参加」の4つの分野で評価されます。

日本は、「教育」や「医療」の分野では、男女格差が少ないため、90点以上の評価となっている反面、男女の所得格差、女性管理職や政治家の少なさから、「経済」と「政治参加」で、大きく点数を下げています。

ちなみに上位の国を観てみると、

1位アイスランド
2位フィンランド
3位ノルウェー
4位ニュージーランド
5位スウェーデン

と、この手の調査では常連の北欧の国が、上位にきています。

一方、日本の上位の国を観てみると、

117位ガーナ
118位 ギニア
119位アンゴラ

と、日本はアフリカの国々より、低い評価となっているのです。

WEFの試算によれば、ジェンダー・ギャップが解消されるには、約135年かかるとしています。

とはいえ、先進国に仲間入りしている日本は、漫然としている状況ではありません。

大きく変化することを好まない国民性ではありますが、国際競争力を高め、世界をリードできる国であるためにも、ここは国を挙げて、“ジェンダー・ギャップ解消”に、舵を切る必要があるといえるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top