今日の数字“6.0%”

こんにちは!
さて、今日の数字は、“経済成長率”です。

IMF(国際通貨基金)は、今回の予測で、コロナ禍ではありますが、「2021年の世界経済の見通し」を、上方修正しました。

4月6日に発表された今年の経済見通しにおいて、IMFは、世界経済成長率を、0.5%引き上げました。

また、国別の予測においても、以下の通り、米国、インドを筆頭に、軒並み上方修正しています。

2021年の経済予測

 2021年前回1月予測との差
世界経済6.0%0.5%
米国6.4%1.3%
ユーロ圏4.4%0.2%
日本3.3%0.2%
中国8.4%0.3%
インド12.5%1.0%
ブラジル3.7%0.1%

今回のIMFの経済予測のポイントとしては、

1)2021年は、1980年以降最高の6%成長を予測
2)米国を筆頭に、先進国、新興国ともに上方修正
3)日本も他国よりは修正率は低いものの3%以上の予測
4)新興国では、特にインドの伸びが著しい

といったことが言えます。

昨年の世界の経済成長率は、“-3.3%”だったため、その反動があるものの、ワクチン接種が進むとともに、米国を中心とした積極的な財政出動によって、コロナ禍前と比べても、大きく成長率が拡大すると見られています。

ただ市場には、“物価上昇(インフレ)懸念”も広がっており、今後のFRBのかじ取りに注目が集まっています。

万一、インフレ制御に失敗すれば、急激な利上げとなり、新興国に向かっている資金が、大量に流出することとなります。

これによって、世界経済が混乱するだけではなく、資金が集中している株式市場のバブル懸念も、高まることとなります。

ワクチン接種、経済対策によって、止まっていた経済が一気に動き出す見通しではありますが、まだまだ予断を許さない展開が続きそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top