投資信託<モデル・ポートフォリオ>2020年7月パフォーマンス

投資信託<モデル・ポートフォリオ>2020年7月パフォーマンス

さて本日は、当社の投資信託を用いた「モデル・ポートフォリオ」の2020年7月の実績をお知らせします 。

こちらは、当社独自の国内公募投資信託を使った各「ポートフォリオ」のパフォーマンスです。

投資家の方の「期待リターン」と「リスク許容度」にあわせて、4タイプの「ポートフォリオ」の運用を行っています。

2020年7月「モデル・ポートフォリオ」パフォーマンス

各モデル安定型インカム型バランス型積極型
直近1か月 1.71% 2.41% 2.45% 2.51%
直近3か月 4.45% 6.50% 7.52% 8.66%
直近6か月-1.50%-1.37%-3.96%-3.33%
直近1年-1.37%-0.21%-1.57% 3.43%
直近3年-1.26% 3.25% 2.40% 12.64%
直近5年3.25% 4.96% 4.36% 15.88%
設定来32.27%51.44%56.68%88.62%

7月の運用状況

7月は、引き続き、世界各国の超金融緩和政策による景気回復期待から、中盤まで株式市場を中心に堅調に推移しましたが、新型コロナ感染拡大の報道がされるにつれ、上げ幅を縮めました。国内株式は前月比マイナスとなりましたが、全体としては、堅調なまま月を超えました。

当社の「ポートフォリオ」も、4月から4カ月連続で、全モデルが上昇しました。

内訳をみますと、7月は「金(ゴールド)」が、ポートフォリオの上昇に大きな役割を果たしました。新興国株式も前月同様に堅調でした。

8月に入ってからは、先進国株式と、7月にさえない動きだった国内株式が上昇しています。

とはいえ、米中関係は悪化する一方のようです。ここにきて、オーストラリアやチェコも中国との緊張が高まっています。新型コロナ感染もやや減少はしていますが、収束の目途はいまだたってはいません。

そのような情勢下、今後も、目先の相場のブレに一喜一憂することなく、適宜、アセットの見直し、リバランスなどを行いながら、“中長期スパン”において、想定リスク・リターンに応じた運用を目指してまいります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top