新モデル・ポートフォリオ「Hybrid Balanced+α」のご紹介―その1

さて今回は、今年3月から運用を開始した新モデル・ポートフォリオ、「Hybrid Balanced+α(アルファ)」のご紹介をさせて頂きます。

当ポートフォリオは、今まで当社で運用してきた2つの「モデル・ポートフォリオ」、「Hybrid Balanced」と「ETF+α」を、融合させて構築致しました!

まずは、それぞれの「モデル・ポートフォリオ」の特徴を、ご紹介したいと思います。

「Hybrid Balancedポートフォリオ」の特徴

「Hybrid Balancedポートフォリオ」は、2014年から、運用を開始しました。

アセット・アロケーションをベースに、“バイアンドホールド”で、収益を目指す「ポートフォリオ」です。

常時8~10本の海外ファンドを採用し、株式、債券、商品、オルタナティブなど、複数の資産クラスに、「分散投資」を行っています。

また、市場環境に応じて、一部キャッシュポジションも用います。

実際に、コロナ禍でマーケットが動揺した昨年は、キャッシュポジションを拡大しました。

気になる過去の年間成績はというと、以下のようになっています。

2013年9.69%
2014年4.84%
2015年-1.48%
2016年4.67%
2017年13.12%
2018年-4.36%
2019年10.98%
2020年3.37%

※2013年1月から2014年6月までの成績は、バックテスト期間の数字となります。

市場が乱高下した昨年(2020年)は、3.37%の実績でした。

今年1月のリターンは、キャッシュポジションを持ちながらも、1.45%となっています。

当ポートフォリオの特徴は、“リスク管理”に重点を置き、下落トレンド時には、売却も積極的に行い、下落幅を抑えた運用を行っている点にあります。

また、運用来の騰落率は、53.78%となっています。
※2021年1月末時点

では、次回は、もう一つの「モデル・ポートフォリオ」、「ETF+α」をご紹介したいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top