日本株も復調!?---IFA-JAPAN

日本株も復調!?

さて、今回は、最近堅調に推移している「日本株」についてです。

先週、米国の株式市場では、ダウ工業株30種平均、S&P500種株価指数ともに、また市場最高値を更新しました。

「株式会社にとって、一番大事なものは何か」ということについては、株主であるとか、従業員であるとか、あるいは社会貢献であるとか、様々な意見があります。

その中でも、「株価を上げる能力の無い者は、経営者ではない」といった極端な考え方が、いまだに米国では強く残っているため、米国市場は、下がっても必ず“復活”してきます。

一方、日本の場合は、少し様子が違います。

単に株価というよりは、「会社の長期安定」を重視する“保守的なスタンス”は、変わりそうもありません。

ただ、その日本株も、ここにきて、かなり堅調な推移をみせています。先週11月8日(金)の終値を、昨年末終値と比較すると、日経平均は16.87%高と、NYダウ平均の同期間の上昇幅18.66%と比較しても、遜色ない上昇をみせています。

とはいえ、これだけ“変動性”が高い相場が続いていますので、あくまで「分散投資」が基本と言えます。

値上がりしている「株式資産」を中心に据えるとしても、国内株、先進国株、新興国株と、選択肢はいろいろあります。

また、債券やリート(不動産投資信託)など、様々なアセットクラスを組み合わせることによって、ご自分の希望とリスク許容度にあわせた「ポートフォリオ」を構築することができます。

好調な株式を含めた「分散投資」を実践されたい方も、お気軽に、ご相談ください↓

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top