検証!マルチアセット型ファンド

こんにちは!
さて、今回は、マルチアセット型ファンドの検証を行いたいと思います。

当該ファンドは、2020年6月より、当社のメインサービスである海外PMSの「モデル・ポートフォリオ」で、採用しているファンドです。

運用会社は、世界最大級の資産規模を誇ります。
投資対象は、株式を中心に、債券、コモディティ、キャッシュなど、複数の資産クラスに投資することで、“リスク分散”を図りながら、ファンドマネージャーが流動的に、アセット・アロケーションの変更を行っています。

まずは、1年前と現在のアロケーション(資産配分)の変化を観てみましょう。

1年前は株式63%、債券25%、コモディティ3%、キャッシュ9%に振り分けられていましたが、現在は株式67%、債券18%、コモディティ0.2%、キャッシュ15%となっています。

具体的には、以下のような配分となっています。

1年前現在
米国株40.2%44.2%
米国債券15.7%
7.5%
欧州株14.5%
15.3%
新興国株5.6%5.6%
欧州債券4.8%3.6%
新興国債券2.8%4.9%
日本株2.5%1.3%
アジア債券(日本以外)1.0%1.6%
日本債券0.9%0.4%
アジア株(日本以外)0.6%0.3%
コモディティ2.5%0.2%
キャッシュ8.9%15.1%

特に、この1年の市場環境の変化を受けて、先進国債券とコモディティの比率を下げて、先進国株式とキャッシュの比率を上げていることがわかります。

次に、運用実績を見てみましょう。

2016年3.24%
2017年12.83%
2018年-8.87%
2019年16.80%
2020年19.72%
2021年10月末現在6.47%

この1年も、しっかりとベンチマークを上回る成績を出しており、1年前からの成績は“21.21%”と、評価できるパフォーマンスを残していることがわかります。

その他、ファンド概要については、以下をご覧ください。

ファンドタイプマルチアセット型ファンド
ファンド形態UCITS
設立地域ルクセンブルグ
投資通貨米ドル
購入手数料
解約手数料
マネジメントフィー1.50%
パフォーマンスフィー
取引頻度毎日

このような「マルチアセット型ファンド」は、世界中に数多くありますが、その運用成績は大きく異なっています。

当社では、同じカテゴリーのファンドと比較して、3~5年平均でより優秀な成績を収めているファンドをリサーチし、当社独自の推奨リストに加えて、適宜投資助言を行っています。

なお、当ファンドに関してのご質問やご相談については、「マルチアセット型ファンド」と記入いただき、以下のフォームより、お問合せください。

ご参考となれば幸いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top