次世代セクター株式ファンド

こんにちは!

さて、今回は、“次世代分野”に投資を行う株式ファンドを、取り上げたいと思います。

当ファンドは、まだ設立後間もないオフショア籍のファンドです。

運用戦略としては、AIやFINTECを始め、新世代のテクノロジー企業に、特化して投資を行います。

運用を行っているのは、米国に拠点を置くブティック系の運用会社です。

ファンドの特徴としては、以下の2つが挙げられます。

特徴1「10種類の次世代セクター企業に投資を行う」

特徴2「S&P500に採用されている銘柄との重複を10%以下に抑える」

10種類の次世代セクターと、その配分比率(アロケーション)は、以下のようになっています。

(1) インターネット19%
(2) テクノロジー(ソフトウェア/ハードウェア)16%
(3) ソーシャルメディア13%
(4) バイオテクノロジー10%
(5) フィンテック9%
(6) AI8%
(7) ロボティックス 7%
(8) オートノマステクノロジー
7%
(9) 電池テクノロジー(リチウムイオン)6%
(10) 3Dプリンター5%

また、採用されている銘柄の約80%は、米国企業となっています。

その他、ファンドの概要については、以下をご覧ください。

ファンド形態米国ファンド(UCITS)
運用開始日2021年4月
投資通貨米ドル/英ポンド/ユーロ
購入手数料なし
取引頻度毎日

設定されたばかりの株式ファンドですので、実力は、いまだ“未知数”ではありますが、成長分野に絞って、投資を行うのが、“最大の特徴(魅力)”です。

当面は、当社でもモニタリングを行いながら、米国株指数との比較を行っていく予定です。

また、時機を見て、「検証結果」をお伝えしたいと思います。

なお、次世代セクターへの投資に関心がある方は、以下のフォームより、お問合せください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top