欧州株式ファンド

欧州株式ファンド

さて、今回は、“欧州エリア”を対象としたファンドを、ご紹介したいと思います。

運用会社は、1985年にロンドンで設立された会社で、FTSE 250銘柄の一つに採用されている上場企業です。

今回ご紹介するファンドは、欧州に上場する企業に投資する“アクティブ型の株式ファンド”です。

成長性が期待できる企業の大型株を中心に、約40銘柄への分散投資を行っています。

ではまずは、最近5年間の年間運用実績を、観てみたいと思います。

2016年-10.8%
2017年19.9%
2018年-4.7%
2019年29.3%
2020年4.0%

特に2019年は、好調な運用成績となっています。

また、当ファンドは、2001年の8月に設立されましたが、設立来の収益率では、

当ファンド317.5%
ベンチマーク140.8%

となっており、大きくベンチマークを上回っています。

 

次に、国別のアロケーションを、観てみましょう。

フランス26.3%
オランダ17.3%
英国12.0%
ドイツ11.4%
スイス8.0%
スペイン7.6%
デンマーク5.9%
イタリア5.8%
スウェーデン3.7%
アイルランド1.4%
キャッシュ0.5%

フランスを筆頭に、ほとんどが先進国で、幅広く“分散”されていることが分かります。

5年前と比較すると、英国株のウェートを約15%下げており、逆に、フランス、オランダ株のウェートを、約10%上げています。

欧州エリア内において、その時々の情勢に応じて、国別のアロケーションを、変化させていることがわかります。

その他、ファンド概要については、以下をご覧ください。

ファンド形態株式ファンド(SICAV)
運用開始日2001年8月17日
ファンド運用残高13億8200万ユーロ
設立地域ルクセンブルグ
投資通貨ユーロ
購入手数料
解約手数料
マネジメントフィー1.50%
パフォーマンスフィー
取引頻度毎日

なお、当ファンドに関する「運用報告書」、各種ご質問などについては、以下のフォームより、お問合せください。

ユーロ建てのファンドですので、資産形成に「通貨分散」も加えたい方には、面白いファンドだと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top