米国中小型株式ファンド

こんにちは!

さて、今回は、高値を追う米国株式市場において、「米国中小型株式」を主要な投資先とするファンドを、取り上げてみたいと思います。

当ファンドは、9年前から、当社の「モデル・ポートフォリオ」でも採用しており、群を抜いたパフォーマンスを維持しています。

運用会社は、株式のアクティブ運用を得意としており、運用マネージャーは、ファンダメンタル分析を得意とする米国の独立系運用会社に、外部委託しています。

また、主な投資対象は、米国の中小企業株で、市場平均を上回る収益性があり、なおかつ割安感のある銘柄を選定基準としています。

では、まずは、年度別の収益率を見てみましょう。

2009年50.32%
2010年17.64%
2011年-2.54%
2012年18.39%
2013年49.65%
2014年15.81%
2015年6.08%
2016年12.54%
2017年31.29%
2018年-5.32%
2019年22.18%
2020年22.41%
2021年3月末現在7.71%

非常に、良好な成績を残していることがわかります。

ここ10年間の年平均利回りは、“16.1%”となっています。

次に、当ファンドの3月末時点における業種別組入れ比率を観てみましょう。

業種別組入比率

(業種)(組入比率)
1. ヘルスケア28.2%
2. 情報技術22.6%
3. 一般産業16.8%
4. 一般消費財・サービス12.4%
5. 金融10.9%
6. 電気通信サービス5.5%
7. エネルギー 1.1%
8. 素材 0.6%
9. 生活必需品0.5%
10. 不動産0.2%
11. その他1.2%

幅広い業種に分散されていますが、中でも、ヘルスケアと情報技術が、約5割を占めています。

その他ファンド概要については、以下をご覧ください。

ファンド形態米国中小型株式ファンド
運用開始日2002年7月
投資通貨米ドル
購入手数料なし
マネジメントフィー0.95%
取引頻度毎日

インデックスを上回る“アクティブ型ファンド”にご興味がある方には、推奨できるファンドと言えます。

なお、当ファンドに関するご質問、ご相談については、「米国中小型株式ファンド」のファンド名で、以下のフォームより、お問合せください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top