米国大統領選挙、市場の期待は!?

さて、今回は、いよいよ投票日を迎えた「米国大統領選挙」についての話題です。

えてして、物事が、「こうなってほしくないな」という方向に、残念ながらいってしまい、“がっかりする”といったことは、日常でもよくあります。

11月3日が投票日の「米国大統領選挙」にも、そういう懸念が出てきました。

しばらく前までは、トランプ大統領が再選されれば、株価は引き続き上がるとか、バイデン氏が勝利すれば、財政負担が大きくなるなど、様々な予想が言われていました。

ただ、ここにきて、金融市場での一番の期待は、「どちらが勝ってもいいから圧勝してくれ!」ということのようです。

僅差になって、「郵便投票は不正だ!」とか、「廃棄された郵便投票があるのではないか」とかの理由を並べ立てて、訴訟合戦となり、“いつまでも新しい大統領が決まらない”といったことが、一番危惧されているようです。

内戦中の国や、選挙の不正が心配で、監視団が送り込まれるという話は、確かに新興国では聞いたことがあります。

ただ、世界の経済面、軍事面でも、リーダーたる米国の選挙において、このような話題が上ってくるとは、予想だにしませんでした。

それだけ、今回の選挙は、「普通ではない」と言えそうです。

金融市場が望むように、すんなり決まってくれればよいですが、こればかりは、ふたを開けてみなければ、何が起こるかわからないのが、今回の選挙の“特徴”です。

いつまでも決まらなければ、来年早々に召集される下院で投票、それでも決まらなければ上院で投票となります。

ただ、そこまで長引けば、世界中に大きな影響を与えることとなるでしょう。

どうなるか全く予想がつかないからこそ、「どうなっても良いように」備えておく必要があります。

この機会に次の4年間の“投資スタンス”について、じっくり考えてみてはいかがでしょうか

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top