緊急事態宣言、全面解除

さて、今回は、「緊急事態宣言が全面解除」となった中で、資産形成について考えてみたいと思います。

ついに、東京都を含む1都3県、そして北海道と、日本の全ての地域が、「緊急事態宣言解除」となりました。

都道府県によって解除のステップは違いますが、「警戒を怠らずに少しずつ日常を取り戻す」といったところでしょうか。

こういった動きを好感して、5月25日の日経平均は、353円高と大きく上昇し、20,741円まで値を戻しました。

3月6日の日経平均終値が、20,749円でしたので、2ヵ月半ほど前の水準に、やっと戻ったということです。

市場は少しずつですが、落ち着きを取り戻しているようです。

もちろん、新型コロナウイルスの猛威は、終息したわけではありません。先進国において、新規の感染者数が減り始めたという段階です。

ただ、経済や金融は、少しずつ動き出しています。

元に戻るのに、半年かかるのか1年かかるのか、あるいは、元のような日常には、完全には戻れないのかも知れません。それでも、日々、営みは続いて、遅かれ早かれ、朝の通勤ラッシュも、戻ってくるはずです。

金融市場はそんな将来を、1歩も2歩も先取りしています。

このように市場が動き出している時こそ、「資産分散」、「時間分散」を利用して将来に向けての“資産形成に踏出す時”と言えます。

とはいえ、何事も“始め方”が肝心です。

「資産形成」と言われても、具体的な取り組み方法がお分かりにならない方は、まずはご相談ください。

ZOOMやSkypeを利用した「WEB面談」も可能です↓

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top