長期成長株式ファンド

こんにちは!

さて今回は、長期的視点で、世界の成長株式に投資を行うファンドを、ご紹介したいと思います。

ポイントは、“長期的視点”で、“成長”が期待される世界各国の株式に、投資を行うことです。

運用を行うのは、英国の独立系運用会社で、1908年創業の株式運用に強みを持つ会社です。

当ファンドは、2016年8月から、運用が開始されました。

特徴としては、「ボトムアップ・アプローチ」により銘柄選択を行うことです。

具体的には、現地調査や経営陣との面談に加えて、大学等の研究機関や独立系リサーチの調査機関等を活用し、様々な観点から情報収集を実施します。

その後、投資候補銘柄を絞り、「ポートフォリオ」の構築を行います。

また、アロケーションについては、成長シナリオの“確信度”に基づき、ウェートを決定していきます。

まずは、気になる過去の実績は、以下のようになっています。

2017年53.5%
2018年-2.1%
2019年35.1%
2020年7月末現在54.7%

※上記は、機関投資家クラスの実績となります。

2018年を除けば、大きく収益を上げており、コロナ禍の今年も、例外ではありません。

では次に、国別の配分比率を、観てみましょう。

(国別)  
米国51.9%
中国25.9%
フランス5.9%
オランダ4.6%
カナダ3.5%
スウェーデン2.5%
ドイツ2.2%
その他0.9%
キャッシュ2.6%

特筆すべきは、米国、中国への投資割合が高いことです。この2つの国で、全体の78%を占めています。

上述のように、貿易摩擦やデフォルトが気になる米中両国ですが、運用会社による個別銘柄への“目利き力”が、好調な結果を残しているといえそうです。

その他、ファンド概要は、以下をご覧ください。

ファンド形態ミューチュアルファファンド (UCITS)
設立地域アイルランド
投資通貨米ドル、ユーロ、円
購入・解約手数料なし
マネジメントフィー投資クラスによって異なる
取引頻度毎日
最低投資額投資クラス及び取引口座により
異なる

当ファンドはこれまで、機関投資家クラスしかありませんでしたが、去年から新たに、個人投資家クラスも設定されました。

ファンドに関するご質問、ご相談については、「長期成長株式ファンド」の件名で、
お問合せください↓

市場の“ボラティリティ(価格変動)”が激しくなっている昨今、逆に、「長期的視点で成長が見込める分野に投資する」というスタンスは、必要な戦略かもしれません。

「ポートフォリオ」の一部に、このようなファンドを組み入れておいても、面白いかもしれませんね。

ご参考としてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top