2019年11月 公募投資信託 モデル・ポートフォリオの運用実績

投資信託<モデル・ポートフォリオ>2019年11月パフォーマンス

 

____________________________

(各モデル)安定型 インカム型 バランス型 積極型

――――――――――――――――――――――――――――

直近1か月  0.12%   0.23%   0.30%    2.53%

直近3か月  0.46%  1.72%    3.26%   12.27%

直近6か月 0.46%  1.68%    3.28%   10.19%

直近1年 -0.67%  0.59%     2.16%   12.02%

直近3年  3.33%   8.46%   13.05%  26.16%

直近5年  4.07% 6.41%   8.08%  19.23%

設定来   32.44%  50.51%   59.79%  91.80%

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

≪11月の運用状況≫

11月は、9月、10月に続き、全体として良好な結果となりました。

米中貿易交渉で、たとえ部分的とはいえ、進展が期待されていること、また米国経済指標が好調な事を好感し、先進各国の株式市場で相場が堅調に推移しました。

そういった環境も追い風となり、11月は、全ての「モデル・ポートフォリオ」が上昇しました。

内訳をみますと、やはり、国内、先進国、新興国を問わず、株式資産クラスが好調を維持して、パフォーマンスに最も貢献しました。

株式が堅調だったため、債券は総じて、横ばいかやや下落となっています。

オルタナティブは堅調に推移しました。

9月、10月、11月 と、安定した上昇相場となりましたが、米中交渉を含め、懸念材料がなくなったわけではありません。

今後も、短期的な相場のブレに一喜一憂することなく、あくまで“中長期スパン”において、各「モデル・ポートフォリオ」とも、引き続き、“想定リスク・リターン”に応じた安定した運用結果を目指してまいります。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top