2019年12月 公募投資信託 モデル・ポートフォリオの運用実績

さて本日は、当社の投資信託を用いた「モデル・ポートフォリオ」の2019年12月の実績をお知らせします 。

こちらは、当社独自の国内公募投資信託を使った各ポートフォリオのパフォーマンスです。投資家の方の「期待リターン」と「リスク許容度」にあわせて、4タイプの「ポートフォリオ」の運用を行っています。

各モデル安定型インカム型バランス型積極型
直近1か月0.69%1.31%1.40%3.87%
直近3か月1.29%2.63%3.45%11.91%
直近6か月0.45%1.82%3.49%10.44%
直近1年2.56%5.07%7.46%22.58%
直近3年3.42%8.16%12.45%28.95%
直近5年4.92%8.23%10.68%24.31%
設定来33.35%52.49%62.03%99.22%

12月の運用状況

12月は、1年前のような大幅な下落もなく、各「モデル・ポートフォリオ」のパフォーマンスは、好調を維持したまま、無事に年越しとなりました。

米中貿易交渉が、若干ではありますが進展したこと、また、米連邦準備制度理事会において、3会合連続で利下げを決定したことも手伝って、米国経済指標が順調な事を好感し、先進各国の株式市場で相場が堅調に推移しました。

そのような環境下において、12月は、全ての「モデル・ポートフォリオ」が上昇しました。

内訳をみますと、12月も、国内、先進国、新興国を問わず、株式資産クラスが好調を維持して、パフォーマンスに貢献しました。

それに加え、新興国債券やオルタナティブも健闘したのが、プラス要因と言えます。

今年に入ってからは、米国とイランの紛争や、新型肺炎の報道で、市場は揺さぶられていますが、今後も、短期的な相場のブレに一喜一憂することなく、あくまで“中長期スパン”において、各「モデル・ポートフォリオ」とも、“想定リスク・リターン”に応じた安定した運用結果を目指してまいります。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top