2019年6月 公募投資信託 モデル・ポートフォリオの運用実績

2019年6月 公募投資信託”モデル・ポートフォリオ”の運用実績

____________________________

(各モデル) 安定型 インカム型 バランス型 積極型

――――――――――――――――――――――――――――

直近1か月  0.70%   1.18%     1.20%    3.64%

直近3か月  0.55%   0.50%     0.10%  -0.29%

直近6か月  2.11%   3.20%     3.84%    10.99%

直近1年 -1.41%   0.12%   -0.22%    4.14%

直近3年  3.17%  10.30%   17.22%  26.85%

直近5年  8.73%   13.29%         13.08%     19.44%

設定来   32.75%  49.76%   56.57%  80.40%

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

≪6月の運用状況≫

6月は、これまで相対的に経済は好調と観られていた米国で、

急に利下げ観測が強まってきた為、

米国を中心に株式相場が反騰しました。

 

全ての「モデル・ポートフォリオ」が上昇しましたが、

その内訳をみますと、新興国を筆頭に、先進国、国内と、

株式資産クラスが大きく上昇しました。

 

一方、気になる点としては、

株式や先進国債券を抑えて、

成績上昇に最も貢献した資産クラスが

「コモディティ(金)」であったことです。

 

当社が採用している投資信託も、

この1カ月で基準価額が8.8%も上昇しました。

 

経済は好調と観られていた米国での金利引き下げ観測、

金価格の上昇等は、

先行きが決して油断ができない環境にある事を、

指し示しています。

 

株式市場を中心に、

昨年末から急落、あるいは急反騰の相場が続きますが、

短期的な相場のブレは避けがたいものがあります。

 

従って、あくまで“中長期スパン”において、

各「モデル・ポートフォリオ」とも、

“想定リスク・リターン”に応じた

安定した運用結果を目指してまいります。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top