2019年9月 公募投資信託 モデル・ポートフォリオの運用実績

投資信託<モデル・ポートフォリオ>2019年9月パフォーマンス

 

____________________________

(各モデル) 安定型 インカム型 バランス型 積極型

――――――――――――――――――――――――――――

直近1か月-0.14%   0.41%    1.21%    4.20%

直近3か月-0.84% -0.79%     0.03%  -1.32%

直近6か月-0.29% -0.30%     0.13%  -1.60%

直近1年 -2.88% -1.94%   -1.79%    0.70%

直近3年  0.86%   7.56%   14.05%  20.42%

直近5年  5.71%  9.76%   10.49%  15.20%

設定来   31.64%  48.57%   56.62%  78.02%

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

≪9月の運用状況≫

9月は、米中貿易交渉に進展が見られそうなことを好感し、世界の株式市場は、8月から一転して、ほぼ全面高となりました。

そのような環境の下、安定型を除いて、全ての「モデル・ポートフォリオ」が上昇しました。

内訳をみますと、引き続き好調な国内リートを筆頭に、国内株式、先進国株式などが、パフォーマンスに貢献しました。

国内株式市場(日経平均)は久々に、米国株式市場(NYダウ)の上昇を上回っています。

反面、オルタナティブが下落し、コモディティ(金)は、上がり続けた反動で、一休みといったところです。

8月、9月の相場で顕著なように、市場は米中交渉が「暗礁に」といっては急落し、「進展」と聞けば急反騰しています。

これらの短期的な相場のブレに一喜一憂することなく、あくまで“中長期スパン”において、各「モデル・ポートフォリオ」とも、引き続き、“想定リスク・リターン”に応じた安定した運用結果を目指してまいります。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top