2020年の振り返り‐その3

さて、今回は、「2020年の振り返り」として、“債券”に注目してみたいと思います。

新型コロナの感染拡大が続く中、株式は、大きく下落、徐々に盛り返し、また下落、また反騰を繰り返し、現在は、やや小康状態です。

では、債券は、一体どんな動きをしていたのでしょうか!?

一番ポピュラーな米国10年国債の利回りを、振り返ってみたいと思います。

2019年12月末1.92%
2020年3月末0.67%
2020年6月末0.65%
2020年9月末0.68%
2020年11月末0.84%

株式の急落時に利回りが一気に下がり、株式市場の回復とともに、少しずつ利回りも上昇(債券価格は下落)といった“ほぼ想定通り”の動きでした。

現在、ワクチンの明るいニュースが出ていますが、明日、明後日に、新型コロナの感染拡大が止まるわけではないため、各国中央銀行による超金融緩和状態は、続くものと思われます。

ただ、金利や利回りの下げには、限界があります。

従って、もう金利をこれ以上下げる状態にない場合は、日本銀行のように、株式のETFを買い入れたり、ECB(欧州中央銀行)のように、パンデミック緊急購入プログラムを使って、超金融緩和状態を維持することになります。

当面、債券の利回りが急騰するような事態は、起きにくいと思われますが、逆に、これ以上の利回り低下の余地も、限られています。

当社においても、債券への資産配分に関しては、かなり慎重になっています。

債券を多く保有されている方は、もちろん、一喜一憂される必要はありませんが、今後の“金利動向”だけは注視しておきましょう。

来年に向けて、「ポートフォリオ」の構成が気になる方も、まずは、お気軽にご相談ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top