2020年10月 公募投資信託 モデル・ポートフォリオの運用実績

さて本日は、当社の投資信託を用いた「モデル・ポートフォリオ」の2020年10月の実績をお知らせします 。

こちらは、当社独自の国内公募投資信託を使った各「ポートフォリオ」のパフォーマンスです。

投資家の方の「期待リターン」と「リスク許容度」にあわせて、4タイプの「ポートフォリオ」の運用を行っています。

2020年10月「モデル・ポートフォリオ」パフォーマンス

各モデル安定型インカム型バランス型積極型
直近1か月-0.99%-1.32%-1.77% -0.96%
直近3か月-0.23%-0.28%-0.22% 3.80%
直近6か月 4.21% 6.20% 7.28% 12.79%
直近1年 -0.23%0.57%-1.86% 4.67%
直近3年-3.53%0.39%-1.43% 11.68%
直近5年 3.56% 6.53%7.57% 25.04%
設定来31.97%51.01%56.34%95.79%

10月の運用状況

10月も中盤までは堅調でしたが、米国大統領選挙投票日が近づくにつれて、株式市場は警戒感を強め、先進国の株式市場は軒並み大きく下落しました。

ただ、その中で日本市場は、他国に比してわずかな下落に留まっています。

当社の「ポートフォリオ」は、この影響を受けて、9月に続き、二か月連続で、全モデルが下落しました。

内訳をみますと、新興国株式と国内債券が上昇したことを除けば、下落幅自体は大きくないものの、他の資産クラスは下落しました。

中でも、特に、国内リート、国内株式、先進国株式が、「ポートフォリオ」の足を引っ張りました。

ただ、11月に入ってからは、米国大統領選挙の結果がほぼ決まりそうなこと、新型コロナ対策のワクチンに関する明るいニュースが飛び込んできたことなどから、株式市場を中心に各資産クラスは、債券、コモディティ(金)を除き、急反発しています。

引き続き、目先の相場のブレに一喜一憂することなく、適宜、アセットの見直し、リバランスなどを行いながら、“中長期スパン”において、想定リスク・リターンに応じた運用を目指してまいります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top