2020年3月 公募投資信託 モデル・ポートフォリオの運用実績---IFA-JAPAN-Blog

2020年3月 公募投資信託 モデル・ポートフォリオの運用実績

さて本日は、当社の投資信託を用いた「モデル・ポートフォリオ」の2020年3月の実績をお知らせします 。

こちらは、当社独自の国内公募投資信託を使った各ポートフォリオのパフォーマンスです。投資家の方の「期待リターン」と「リスク許容度」にあわせて、4タイプの「ポートフォリオ」の運用を行っています。

各モデル安定型インカム型バランス型積極型
直近1か月-5.87%-7.87%-10.28%-10.70%
直近3か月-6.19%-8.75%-12.25%-18.77%
直近6か月-4.97%-6.35%-9.22%-9.10%
直近1年-5.25%-6.63%-9.10%-10.55%
直近3年-4.05%-2.24%-3.11%2.12%
直近5年-3.39%-1.76%-2.71%-0.40%
設定来25.10%39.14%42.18%61.82%

3月の運用状況

3月は、新型コロナウイルス感染拡大の脅威を嫌気した2月下旬からの世界主要株式市場の急落が、一段と加速し全面安となったため、当社の「ポートフォリオ」も全モデルが下落しました。

内訳をみますと、株式の下落に加え、1月まで数年に渡り「ポートフォリオ」を支えてきた国内REITも大きく値を下げました。

コモディティは健闘しましたが、月末にかけて、利益確定や現金確保の動きに押され、前月比わずかながらマイナスとなりました。この為、オルタナティブを含め、全資産クラスが下落という結果となりました。

4月に入ってからは、反騰していますが、今後も目先の相場のブレに一喜一憂することなく、適宜、アセットの見直し、リバランスなどを行いながら、“中長期スパン”において、想定リスク・リターンに応じた運用を目指してまいります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top