2020年8月 公募投資信託  モデル・ポートフォリオの運用実績

投資信託<モデル・ポートフォリオ>2020年8月パフォーマンス

さて本日は、当社の投資信託を用いた「モデル・ポートフォリオ」の2020年8月の実績をお知らせします 。

こちらは、当社独自の国内公募投資信託を使った各「ポートフォリオ」のパフォーマンスです。

投資家の方の「期待リターン」と「リスク許容度」にあわせて、4タイプの「ポートフォリオ」の運用を行っています。

2020年8月「モデル・ポートフォリオ」パフォーマンス

各モデル安定型インカム型バランス型積極型
直近1か月 1.25% 1.97% 2.82% 6.05%
直近3か月 3.78% 5.66% 6.59% 10.46%
直近6か月 0.78% 2.25% 1.66% 10.39%
直近1年 1.59% 4.36% 4.11% 17.09%
直近3年-1.02% 4.40% 4.16% 18.05%
直近5年 6.41% 10.35%12.34% 30.52%
設定来33.92%54.42%61.11%100.03%

8月の運用状況

8月は、世界各国の景気回復期待から、IT関連株を中心に世界の株式市場が堅調に推移しました。

新型コロナの感染が全体としては続いているものの、一部地域で減少の傾向がみられたことが、楽観的な見方を後押しました。

当社の「ポートフォリオ」も、4月から5カ月連続で、全モデルが上昇しました。

内訳をみますと、国内外を問わず株式が上昇し、「ポートフォリオ」の上昇に大きく貢献しました。国内REITも、株式の好調さに支えられて、株式に次いで、上昇に寄与しました。

ただ、9月に入ってからは、また新型コロナ感染再拡大の報道が懸念され、不安定な動きとなっています。

米中関係は相変わらず好転の兆しすら見えません。米国大統領選挙もいよいよ迫ってきた中で、相場は神経質な展開を続けています。

そのような情勢下、今後も、目先の相場のブレに一喜一憂することなく、適宜、アセットの見直し、リバランスなどを行いながら、“中長期スパン”において、想定リスク・リターンに応じた運用を目指してまいります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top