2021年の相場を振り返って

さて、今回は、「2021年の相場」を簡単に、振り返ってみたいと思います。

2021年も、様々な出来事がありましたが、結論としては、やはり今年も一番活躍したのは、「米国株式」でした。

 2020年12月末2021年12月23日変化率
NYダウ平均$30,606.48
$35,950.56+17.5%
S&P5003,756.07
4,725.79+25.8%
日経平均27,444.17円28,798.37円+4.9%
$1,893.1$1,811.2- 4.3%
US$/円103.30円114.40円+10.7%

ご覧いただいておわかりのように、米国株式の活躍には、目を見張るものがあります。

もちろん、GAFA銘柄の力強さが主要因ではありますが、やはり米国株全般が、コンスタントに上昇しています。

この辺りは、“文化の違い”という要因もあるものと思われます。

「経営者である限り、株価を上昇させ、企業価値を高める」という米国の文化と、「長期的な視点で、会社の安定的な存続を考える」といった日本の文化との違いの影響もあると考えられます。

「資産運用」の観点からは、どちらが良い悪いという問題ではなく、どういった環境で株価が動くのかを理解し、必要に応じ、やはり“分散”しておくことが重要です。

来年も、どのような年になるのかはわかりませんが、この年末年始のお休みの間に2022年に向けてのご自分の「資産形成」、またそのための「ポートフォリオ」作りについてじっくり検討されてみてはいかがでしょう。

まさに年初は、仕事、趣味、家計など、様々な計画を立てるには“絶好のタイミング”です。

当社においても、年初の「初回無料コンサルティング」、現在受付しております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top