2021年の運用実績-その1 “海外PMS® ETF+α”

こんにちは!
さて、今回から3回に分けて、2021年の当社の「海外モデル・ポートフォリオ」の運用実績をご紹介したいと思います。

まずは、「海外PMS® ETF+α」です。

「PMS®」とは、当社のメインサービスで、商標登録を行っている「ポートフォリオ・マネジメント・サービス®」のことです。その中で、ETF(上場投資信託)を用いたポートフォリオが、「ETF+α」となります。当ポートフォリオの運用は、2017年からサービスを開始しました。

ETFとは、ご存知のように、証券取引所に上場している投資信託で、あらかじめ決められた指数に、連動するように運用されています。また、通常のファンドと比較して、基本的に信託報酬が低く設定されており、少額から投資できるのも大きなメリットです。

当ポートフォリオの最大の特徴は、市場の値動き(トレンド)を見ながら、“テクニカル手法”を用いて、米国株と米国債券のETFの売買を行うことにあります。

その意味では、通常の“アセット・アロケーション”を重視する「ポートフォリオ」とは、全く違った運用戦略を採用しています。

「ETF+α」には、お客様の“リスク許容度”に合わせて、3つのタイプがあります。

a. ポートフォリオA(積極型)
b. ポートフォリオB(バランス型)
c. ポートフォリオC(安定型)

では、実際に、「ETF+αポートフォリオ」の実績を観てみましょう。

設定来から、リスクの異なる「米国株ETF」と、「米国株債券ETF」を投資対象とし、年数回程度売買を行い、「ポートフォリオ」の運用を行ってきました。

まずは、2020年までの運用実績は、以下のようになっていました。

ETF+αポートフォリオAの年間成績

2013年45.27%
2014年27.94%
2015年-3.45%
2016年17.08%
2017年30.93%
2018年-11.86%
2019年31.58%
2020年24.49%

ETF+αポートフォリオBの年間成績

2013年40.12%
2014年18.64%
2015年-1.10%
2016年13.95%
2017年27.68%
2018年-11.18%
2019年28.70%
2020年24.38%

ETF+αポートフォリオCの年間成績

2013年18.61%
2014年14.88%
2015年-1.89%
2016年9.44%
2017年15.29%
2018年-4.20%
2019年17.36%
2020年12.23%

各ポートフォリオ共、「リスク許容度」に応じて、それ相応の実績を残してきました。

では、気になる昨年2021年の運用実績と、「設定来」のパフォーマンス(年率)を、確認してみましょう。

ETF+αポートフォリオAの年間成績

2021年の実績43.69%
設定来の年率20.89%

ETF+αポートフォリオBの年間成績

2021年の実績36.61%
設定来の年率18.23%

ETF+αポートフォリオCの年間成績

2021年の実績21.29%
設定来の年率10.90%

いかがでしょうか!?

昨年は、タイプCは過去最高の運用成績、そして、タイプAとBは2013年に次ぐ、高い運用成績を残すことができました。

ご覧いただいてわかるように、2021年も、かなり大きな相場の乱高下がありましたが、リスクに応じた運用結果を残すことができたと、自負しております。

また、当ポートフォリオは、運用通貨は米ドルで、5万米ドルから始められます。
外貨建ての運用としては、比較的少額から取り組めるのも、魅力の一つではないかと考えています。
詳細については、以下の専用HPをご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top