2021年11月 公募投資信託モデル・ポートフォリオの運用実績

さて、当社の投資信託を用いた「モデル・ポートフォリオ」の2021年11月の実績をお知らせします 。

こちらは、当社独自の国内公募投資信託を使った各「ポートフォリオ」のパフォーマンスです。

投資家の方の「期待リターン」と「リスク許容度」にあわせて、4タイプの「ポートフォリオ」の運用を行っています。

2021年11月「モデル・ポートフォリオ」パフォーマンス

 安定型インカム型バランス型積極型
直近1か月-1.59%-2.00%-2.18%-2.81%
直近3か月-0.94%-0.80%-0.10%0.47%
直近6か月 2.11%2.64%3.56%4.06%
直近1年8.79%11.96%15.65%18.27%
直近3年9.54%15.63%19.10%44.76%
直近5年13.95%24.68%31.80%63.03%
設定来46.05%73.01%86.29%147.85%

11月の動向

11月の当社の「モデル・ポートフォリオ」は、全モデルが下落となりました。月半ばまでは堅調に推移していましたが、利益確定の動きに加えて、コロナ・ウイルスのオミクロン型の感染拡大により、各国の株式市場が大きく値を下げました。資産クラス別に観ましても、国内株式を筆頭に、先進国株、新興国株も下落し、他の資産クラスも総じて弱含みとなりました。ただ、12月に入ってからは、どの資産クラスも値を戻しつつあります。

引き続き、新型コロナの感染状況はもちろん、先進諸国、特に米国の景気・金利動向を注視しながら、運用を行ってまいります。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top