2021年9月 公募投資信託モデル・ポートフォリオの運用実績

さて、当社の投資信託を用いた「モデル・ポートフォリオ」の2021年9月の実績をお知らせします 。

こちらは、当社独自の国内公募投資信託を使った各「ポートフォリオ」のパフォーマンスです。

投資家の方の「期待リターン」と「リスク許容度」にあわせて、4タイプの「ポートフォリオ」の運用を行っています。

2021年9月「モデル・ポートフォリオ」パフォーマンス

 安定型インカム型バランス型積極型
直近1か月-1.22%-1.28%-0.97%0.50%
直近3か月0.48%0.62%0.90%1.16%
直近6か月 4.23%5.43%5.88%5.62%
直近1年9.26%12.51%16.02%25.42%
直近3年7.44%13.64%15.79%40.24%
直近5年11.59%24.64%34.46%67.71%
設定来45.64%72.18%84.66%147.93%

9月の動向

9月の当社の「モデル・ポートフォリオ」は、積極型は上昇しましたが、他のモデルは、2021年初めて下落の月となりました。資産クラス別に観ますと、国内株式は上昇したものの、ハイイールド債券を除く他の資産クラスがさえませんでした。やはり米国の量的金融緩和縮小(テーパリング)が視野に入ってきたこと、中国不動産大手のデフォルト懸念等が、堅調だった相場を少し冷やしたような格好となっています。

原油価格高騰が先進諸国にインフレ懸念を生じさせ、株式市場を慎重にさせている一方で、上述の中国不動産業の問題等で、新興国株式もやや重い展開が続いています。

引き続き、先進諸国の景気・金利動向、中国不動産市況を注視しながら、運用を行ってまいります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top