2022年ヘッジファンドの運用実績

こんにちは!
さて、先般、英国の運用会社LCHインベストメンツが、2022年末までに世界のヘッジファンドが稼いだ利益の会社別ランキングを公表したので、観ておきたいと思います。

今回、初めて首位を獲得したのは、シタデルで創業来利益は659億ドル(約8兆9600億円)でした。同社は、2022年単年度でも、約160億ドル(2兆1760億円)を稼ぎ、ヘッジファンド運用会社の年間利益の“過去最高額”を塗り替えました。

同社の運用戦略は、株式や債券、商品など幅広いアセットを投資対象としていますが、高度な数学的手法クオンツ分析を得意としており、昨年は特に、空売りや超高速頻度の売買を繰り返し、利益を伸ばしたと見られています。

第2位は、前年首位だったブリッジウォーターが入りました。
今まで7年連続で首位を維持し、昨年も62億ドルの収益を上げましたが、創業来利益は584億ドルとなり、シタデルに首位の座を奪われる形となっています。

その他、第3位はDEショー、第4位はミレニアム、第5位はソロス・ファンドと続いています。

ただ、このように好調なファンドがある一方、ヘッジファンド業界全体では、2022年は、2080億ドル(約28兆2880億円)の損失が生じたと推計されています。
最近の傾向として、マーケットの変動率が高まっているため、ヘッジファンド間においても、運用成績にかなり“格差”が目立つようになってきたと言えます。

今回名前が出てきた上位ファンドは、日本の個人投資家が投資することは難しいものばかりですが、引き続き当社においては、投資可能なヘッジファンドのスクリーニング、分析などを通じて、より良いファンドをリサーチしていきたいと考えています。

尚、ヘッジファンドについてのお問い合わせやご相談については、こちらより受付しております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

上部へスクロール