2023年10月 公募投資信託モデル・ポートフォリオの運用実績

当社の投資信託を用いた「モデル・ポートフォリオ」の2023年10月の実績をお知らせします 。

こちらは、当社独自の国内公募投資信託を使った各「ポートフォリオ」のパフォーマンスです。

投資家の方の「期待リターン」と「リスク許容度」にあわせて、4タイプの「ポートフォリオ」の運用を行っています。

2023年10月「モデル・ポートフォリオ」パフォーマンス

安定型インカム型バランス型積極型
直近1か月-1.39%-1.41%-1.19%-3.53%
直近3か月-3.54%
-3.75%-2.79%-4.76%
直近6か月0.83%1.20%3.64%3.77%
直近1年1.93%2.90%7.32%5.80%
直近3年5.91%11.59%19.49%21.64%
直近5年5.27%13.61%20.77%41.54%
設定来39.78%68.51%86.81%138.17%

10月の動向

10月の当社の「モデル・ポートフォリオ」は、9月に続き、各「ポートフォリオ」はマイナス運用となりました。

8月半ば以降強くなってきた米国の金利が「より高く、より長く留まるのでは」という懸念が一層高まり、主要株式市場が軒並み下落したことが影響しました。

資産クラス別に観ますと、リスク性資産のヘッジの役割で配分している金(ゴールド)がその役割通り大きく上げましたが、他は、ハイ・イールド債券が横ばいだった以外は、先進国株式、新興国株式を先頭に、国内株式、先進国債券など、ほとんどの資産クラスが下落し、各「ポートフォリオ」のパフォーマンスの足を引っ張る結果となりました。

経済面では、米国の先行き懸念はもちろんですが、中国経済も予断を許さない状況が続いています。また、紛争状況も、ウクライナ情勢などの不確定要素に加え、中東も緊迫しています。引き続き市場動向を注視しながら運用を行ってまいります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

上部へスクロール