2023年2月 公募投資信託モデル・ポートフォリオの運用実績

当社の投資信託を用いた「モデル・ポートフォリオ」の2023年2月の実績をお知らせします 。

こちらは、当社独自の国内公募投資信託を使った各「ポートフォリオ」のパフォーマンスです。

投資家の方の「期待リターン」と「リスク許容度」にあわせて、4タイプの「ポートフォリオ」の運用を行っています。

2023年2月「モデル・ポートフォリオ」パフォーマンス

安定型インカム型バランス型積極型
直近1か月-0.40%-0.21%-0.29%1.23%
直近3か月-0.29%-0.12%0.16%0.68%
直近6か月-2.21%-2.13%-1.26%-1.17%
直近1年-2.47%-1.53%-0.79%0.01%
直近3年3.00%8.63%11.16%26.70%
直近5年0.77%9.35%10.66%29.66%
設定来36.88%64.07%76.16%129.59%

2月の動向

2月の当社の「モデル・ポートフォリオ」は、ここ最近の動きとは異なり、株式だけで運用する積極型は上昇し、他のモデルは、わずかに下落となりました。

資産クラス別に観ますと、国内株式と先進国株式が健闘し「ポートフォリオ」をけん引しましたが、金(ゴールド)、オルタナティブが、足を引っ張る格好となりました。

先進国主要株式市場の中でも、特に米国では、金融引き締めの終了が期待されてはいるものの、米金融当局からは、なかなか方向転換するような“ハト派”的発言は出てきません。その為、一進一退の展開はもう少し続きそうです。

今後も、米国を筆頭とする各国中央銀行のインフレ抑制策の動向、ウクライナ情勢、中国の動向、また3月になって急に表面化してきた欧米金融機関の破綻、経営不安等の問題も注視しつつ、運用を行ってまいります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

上部へスクロール