ASEAN中小型株式ファンド

こんにちは!

さて今回は、今後、ますます存在感が増してくるASEANに、フォーカスしてみたいと思います。

運用を行っているのは、香港の運用会社です。

ファンドの特徴としては、“ASEAN諸国の時価総額15億米ドル以下の会社”を対象とし、ロングオンリーで投資を行う株式ファンドとなっています。

2012年1月に運用を開始し、主要インデックスであるMSCI ASEANと比較しても、大きく上回る成績を残しています。

では、具体的に、運用実績を観てみましょう。

2012年24.3%
2013年18.5%
2014年10.4%
2015年-20.2%
2016年11.1%
2017年31.2%
2018年-18.2%
2019年5.4%
2020年101.1%

いかがでしょうか!?

特筆すべきは、何といっても、昨年2020年の成績です。

新型コロナウイルスの感染拡大で、3月まではマイナス運用でしたが、その後急回復し、“年率100%”を超える実績となりました。

新興国の株式ファンドの為、ボラティリティは高いですが、2桁運用を達成している年も、多く見受けられます。

ASEAN諸国への投資の魅力としては、何といっても、その「経済成長率の高さ」、そして「人口構成の若さ」などが挙げられます。

次に、実際に組み入れている国別の内訳を、観てみましょう。

ベトナム43.8%
インドネシア12.7%
タイ12.4%
シンガポール7.4%
フィリピン6.6%
マレーシア2.0%
その他/キャッシュ9.4%

特に、ここ直近では、成長著しいベトナムへの配分比率を、4割以上と高めているのが特徴です。

その他、ファンド概要については、以下をご覧ください。

ファンドタイプ 中小型株式ファンド
ファンド形態UCITS
※透明性の高いファンド形態
設立地域アイルランド
投資通貨米ドル
購入手数料
解約手数料
マネジメントフィー1.0%
パフォーマンスフィー
取引頻度月次

当ファンドは昨年3月に、透明性の高い“UCITS”に適合したファンドとして、登録を受けています。

なお、ファンドに関するご質問などについては、「ASEAN中小型株式ファンド」の件名で、お問合せください

ハイリスク・ハイリターンのファンドではありますが、新興国への投資に興味のある方や、中国以外のアジアの成長性に期待されたい方には、興味深いファンドと言えるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top