2019年5月 公募投資信託 モデル・ポートフォリオの運用実績

2019年5月 公募投資信託”モデル・ポートフォリオ”の運用実績

____________________________

(各モデル) 安定型 インカム型 バランス型 積極型

―――――――――――――――――――――――――――――――――

直近1か月-0.53% -1.48%   -2.02%  -7.28%

直近3か月-0.59% -1.39%   -1.78%  -3.43%

直近6か月-1.13% -1.07%   -1.08%    1.67%

直近1年 -2.39% -1.20%   -2.00%  -0.48%

直近3年  2.77%  6.82%   12.19%  18.11%

設定来  31.83% 48.02%   54.72%  74.07%

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

≪5月の運用状況≫

5月は、トランプ大統領の“口撃”により、再び株式相場が大きく下落しました。

4月には、落ち着きを取り戻したかにみえた相場でしたが、中国だけでなく、メキシコまで関税引き上げ対象の候補となり、貿易摩擦の更なる激化予想を嫌気して、世界中の株式相場が下落しました。

内訳をみますと、まず、新興国を筆頭に、国内、先進国と、全ての株式資産クラスが下落しました。

かろうじて上昇したのは、こうした事態に備えて、「資産配分」してある国内REIT、オルタナティブ、コモディティ(金)などの資産クラスで、一定の「分散投資」の効果を発揮してくれました。

また、株式100%に配分変更した積極型も、変更後、初めて下落しました。

昨年末からの急落、急反騰、5月の大幅下落のように、短期的な相場のブレは避けがたいものがありますが、“中長期スパン”においては、引き続き各モデルとも、「想定リスク・リターン」に応じた安定した運用結果を残しています。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top