アジア株式ファンド

こんにちは!

さて、今回は、注目を浴びるアジア株式市場の中にあって、当社の「モデル・ポートフォリオ」でも採用しているアジア株式ファンドをご紹介したいと思います。

運用しているのは、米国系の大手資産運用会社です。

当ファンドは、アジア株に投資するオフショアファンドですが、コンスタントにベンチマークを上回っているアクティブタイプです。アジア株式の魅力は、国々によって様々ですが、一つ上げるとすれば、「低水準のバリュエ―ション(株価評価)」と言えます。

先進国と比較しても、アジア株には割安感があり、見込まれている経済成長率も欧米各国を上回っています。従って、ブレ幅は大きくなりますが、その分、高いリターンが期待できます。

また、当ファンドは、アジアの中でも、比較的中国への配分比率を抑え、様々なアジアの国に「分散投資」しているのが特徴です。

まずは、気になる直近5年間の成績を観てみましょう。

ファンドベンチマーク
2016年7.35%5.44%
2017年44.25%41.72%
2018年-13.22%-14.37%
2019年16.33%18.17%
2020年26.02%25.02%
2021年6月現在8.51%6.40%

ほとんどの年で、ベンチマークを上回っており、直近1年、3年、5年平均の数字は、他のアジア株式ファンドの中でも、トップクラスのパフォーマンスとなっています。

次に、国別の内訳は、以下の通りとなっています。

中国34.3%
台湾15.3%
韓国14.8%
インド12.7%
香港9.7%
インドネシア3.4%
シンガポール2.7%
オーストラリア1.9%
その他2.3%
キャッシュ2.9%

さすがにGDP世界第2位の中国の比率は、一番高くはなっていますが、上述の通り、主要なアジア株式のベンチマークが、4割程度配分しているのに対して、低く抑えていることがわかります。

また、最近の特徴としては、数年前までランキングに入っていなかったインドネシアの比率を、高めている点が挙げられます。

業種別の配分をみると、以下のように分散されています。

1. 金融21.7%
2. IT20.8%
3. 一般消費財18.7%
4. 電気通信12.8%
5. 資本財10.0%
6. 不動産3.9%
7. 素材関連 3.3%
8. エネルギー 2.3%
9. その他3.6%
10. キャッシュ2.9%

あまり偏った業種に特化せず、かなり幅広い分野に「分散投資」をかけていることが分かります。

その他ファンド概要については、以下をご覧ください。

ファンド形態アジア株ファンド
運用開始日1993年3月
運用残高12億米ドル
投資通貨米ドル、ユーロ、英ポンドなど
購入手数料なし
マネジメントフィー0.75%
取引頻度毎日

新興国株式への投資ということで、ボラティリティ(変動性)は高いファンドではありますが、将来性の高いアジアエリアへの投資を組み入れたい方には、良いファンドだと考えています。

当ファンドに関するご質問、ご相談については、以下のフォームより、お問合せください。

また、中国を外したアジア株ファンドや、ASEANのみに投資したファンドなど、他にもアジア株ファンドには、多種多彩なものがあります。

ご要望などありましたら、お気軽にお問合わせください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top