今日の数字「44万8000人」---IFA-JAPAN

今日の数字「44万8000人」

さて、今日の数字は、人口です。この数値は、東京都葛飾区の人口とほぼ同じです。日本の人口問題は、年々、深刻な状況となっています。

この度、厚生労働省が、2018年の人口動態統計の年間推計を発表しました。

それによると、今年の出生数と死亡数との差は、44万8000人となり、“過去最大の人口減少”となることわかりました。

昨年の減少数は、39万4000人と、ほぼ品川区の人口と同じでしたが、今年は、葛飾区の人口が、減少する計算です。

今年国内で生まれた日本人の赤ちゃんは、前年より、2万5000人減少し、3年連続100万人を割り込み、92万1000人と、統計が残る1899年以来、“過去最少”となります。

一方、死亡数は、前年より2万9000人増で、“戦後最多”となる136万9000人の見込みです。

「人生100年時代」、「長寿社会」と言われる昨今ですが、今後、この傾向は、益々拡大していくことが考えられます。

女性の社会進出、高齢者の雇用、外国人労働者など、“働き手”についての議論はいろいろされてはいますが、「子供を生み、育てる環境作り」を支援しない限り、人口問題の抜本的な解決策にはなりません。

いずれは、皆、年を重ね、老いていく現実を直視し、「将来を見据えて、今できること」を、真剣に考える必要があります。

どのような対策がよいのか、ただ、政府の方針案を待っているだけでなく、私たち一人一人が考え、行動することが、いま求められているのだと思います。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です