今日の数字「505,046人」

こんにちは!

さて、今日の数字は、人口です。

日本人の人口は、11年連続で減少し、1968年の調査開始以来、最大の減少幅となりました。

先般、総務省より、住民基本台帳に基づく人口動態調査が、発表されました。

それによれば、今年1月1日時点の日本人は、1億2427万1318人となり、前年比で、“505,046人”人口が減少しました。

主な働き手である15歳から64歳の生産年齢人口は、日本人全体の59.3%と、3年連続で6割を切って、過去最低を更新しています。

一方、外国人は前年より7.5%増えて、286万6715人と、こちらは過去最多を更新しました。

日本人の働き手が減少する中、外国人に依存しなければならない実状が、数字にも表れてきています。

それにしても、50万人と言えば、東京23区の8番目に人口が多い江東区と、9番目の葛飾区の中間の人口に匹敵します。

長寿社会になったとはいえ、死亡数と出生数の差である「自然減」は、毎年過去最大を更新し続けています。

「人口が減り続ける日本の将来像をどう描くのか」

次期首相の大切な仕事の一つと言えるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top