資産形成とNISA口座

さて、今回は、「少額投資非課税制度(NISA)」について、考えてみたいと思います。

「確定拠出年金」については、今まで何度か取り上げてきました。

掛金が非課税(所得税、住民税)、途中の運用益に対しても非課税、受給時には退職所得控除の適用可と、良いことずくめですので、「資産形成」における優先順位“第1位”は変わりません。

但し、あくまで「自分年金」の制度ですので、途中で引き出すことが一切できません。

従って、5年後、10年後の「目的」のための手段としては、なかなか使いづらい面があるのも事実です。

そこで登場するのが、「少額投資非課税制度(NISA)」です。

NISAは、運用益に対して非課税という特典のみになりますが、年金制度ではありませんので、利用したいときに、いつでも引き出しが可能です。

「確定拠出年金」と比較すれば、税制面の有利さでは、譲るものの、その代わり、機動性と商品の豊富さがあります。

また、1年間の上限が、120万円という金額面でも魅力的です。

ただ、NISA口座を開設する際には、他の金融機関との開設の重複が無いかどうか、税務署のチェックが入るため、その分だけ時間がかかります。

まだNISA口座を用いた「資産形成」を始めていない方は、来年早々から開始できるように、今すぐ開設準備にとり取り掛かりましょう。

NISA口座の開設方法、実際の商品選びについても、まずは、お気軽にご相談ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top