モデル・ポートフォリオの運用実績-2018年12月---IFA-JAPAN

2018年12月 公募投資信託“モデル・ポートフォリオ”の運用実績

さて本日は、当社の投資信託を用いた「モデル・ポートフォリオ」の2018年12月の実績をお知らせします 。

こちらは、当社独自の国内公募投資信託を使った各ポートフォリオのパフォーマンスです。投資家の方の「期待リターン」と「リスク許容度」にあわせて、4タイプの「ポートフォリオ」の運用を行っています。

2018年12月「モデル・ポートフォリオ」パフォーマンス

_____________________________

(各モデル) 安定型 インカム型 バランス型  積極型

―――――――――――――――――――――――――――――

直近1か月-2.49% -3.01%  -3.60%   -5.07%

直近3か月-4.08% -4.22%  -5.45%     -8.07%

直近6か月-3.44% -2.98%  -3.91%   -6.17%

直近1年 -5.87% -5.18%  -6.80%   -9.31%

直近3年  3.47%  3.91%     5.95%      6.43%

設定来   30.02%   45.12%   50.78%   62.53%

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

12月の運用状況

12月は、全てのモデルが下落しました。米中の摩擦やトランプ大統領の政権運営等、今までくすぶっていた問題が、1年の最後に、一気に噴き出した格好です。

資産クラス別では、このような事態を想定し、配分してある「金(ゴールド)」と、一部の新興国債券以外は全て下落しました。

7月、9月、11月は堅調、8月、10月は下落、そして12月は大幅下落と、運用においては、昨年後半のような「短期的な変動(ブレ)」は、避けがたいものがありますが、 “中長期スパン”においては、引き続き、各モデルとも、「想定リスク・リターン」に応じた安定した運用結果を残しています。

ポートフォリオの特徴

例えば、期待リターンを抑え気味にしながら、より堅実に成長を目指す「安定型」の場合には、国内、新興国を合わせても、株式投信への投資割合は、現在は10%程度です。 対照的に、あえてリスクをとって、高い成長を目指す「積極型」は名前の通り、国内、先進国、新興国あわせて、「ポートフォリオ」の40%を株式投信に配分しています。また、株式市場などの下落に備え、「金(ゴールド)」も組み込んでいます。

今回の株式の大幅下落により、「金」はその役割を果たしはしましたが、さすがに、他の全ての資産クラスの下落を、カバーする配分とまではなっておりません。

今後も当面は、変動(ブレ幅)の大きい相場が続くと想定される為、この度、全モデルで“リスク(変動幅)”を変更する決定を致しました。

1月末報告分より新配分での運用成績を、ご報告させていただきます。

投資信託を用いた「ポートフォリオ運用」にご興味がある方は、ご自身がどのタイプの“プラン”が良いのか、「簡易診断」も随時“無料”で行っています。

また、いま利用されている証券会社、銀行などの金融機関は、そのままご利用いただけます。ご興味がある方は、ぜひ一度ご相談ください。

ご面談希望の方は、直近では、2月1日金曜日の午後がご予約可能です。まずは、お気軽にご相談ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top