2019年8月 公募投資信託 モデル・ポートフォリオの運用実績

投資信託<モデル・ポートフォリオ>2019年8月パフォーマンス

 

≪2019年8月「モデル・ポートフォリオ」パフォーマンス≫

____________________________

(各モデル) 安定型 インカム型 バランス型 積極型

――――――――――――――――――――――――――――

直近1か月-1.70% -2.49%   -2.79%  -6.32%

直近3か月-0.00% -0.03%     0.02%  -1.85%

直近6か月-0.59% -1.43%   -1.76%  -5.22%

直近1年 -2.18% -1.14%   -1.63%  -2.25%

直近3年  0.83%   6.41%   12.41%  15.72%

直近5年  5.95% 10.11%   9.83%   10.28%

設定来   31.83%  47.97%   54.74%  70.84%

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

≪8月の運用状況≫

8月は、米国の対中関税第4弾発表に端を発し、それに対する中国の報復関税発表等、米中貿易摩擦激化の懸念が再び高まり、世界の株式市場はほぼ全面安となりました。

そのような環境の下、全ての「モデル・ポートフォリオ」が下落しました。

内訳をみますと、コモディティ(金)を筆頭に、国内リート、先進国債券などが、パフォーマンスに貢献しましたが、オルタナティブ、新興国債券・株式、日本を含む先進国株式の下落を、カバーするにはいたりませんでした。

9月に入りまして、株式市場は8月の下落分を、かなり取り戻しております。

ただ、昨年末から急騰、あるいは急落の相場が、続いておりますように、短期的な相場のブレは避けがたいものがあります。

従って、あくまで“中長期スパン”において、各「モデル・ポートフォリオ」とも、引き続き、“想定リスク・リターン”に応じた安定した運用結果を目指してまいります。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top