2019年4月 公募投資信託 モデル・ポートフォリオの運用実績

2019年4月 公募投資信託”モデル・ポートフォリオ”の運用実績

____________________________

(各モデル) 安定型 インカム型 バランス型 積極型

――――――――――――――――――――――――――――――――

直近1か月 0.38%  0.83%   0.96%   3.77%

直近3か月 1.43%  2.20%   2.64%   9.06%

直近6か月-0.19%  1.29%   2.09%   11.56%

直近1年 -2.12% -0.12%  -0.70%   6.68%

直近3年  4.08%  8.76%   13.92%  26.85%

設定来   32.53% 50.25%   57.91%  87.73%

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

≪4月の運用状況≫

4月は、昨年末に乱高下した相場と比較して、やっと落ち着いて上昇という相場になりました。中国の経済指標に良い兆候が観えたこと、米国企業の第一四半期の決算が好調であったことなどが、好感されました。

とはいえ、トランプ大統領の“口撃”も、相変わらず止まる気配はありません。また、欧州の混迷も何一つ改善しておらず、相場の先行きに対する懸念は、未だに払しょくされていません。

そのような中、運用成績は、各モデル共、引き続き“リスク度合い”に応じて、順調なパフォーマンスを残しています。

内訳をみると、新興国債券が、やや足を引っ張ってしまいましたが、各国株式を筆頭に、その他ほとんどの資産クラスが値を上げました。また、株式100%に配分変更した積極型も、堅調に推移しています。

昨年末からの急落、急反騰のように、短期的な相場のブレは避けがたいものがありますが、“中長期スパン”においては、引き続き各モデルとも、「想定リスク・リターン」に応じた安定した運用結果を残しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top