ESGインパクト投資ETF

こんにちは!

ESGインパクト投資が注目を浴びる中、今回は、インパクト投資のETFをご紹介したいと思います。

インパクト投資では、具体的には、以下のような事業会社に投資を行っています。

・ワクチンや新薬の開発
・オンラインによる医療情報提供
・電気自動車の生産
・クリーンエネルギーの供給 など

欧米を中心に投資が進み、2016年には、すでに社会課題や環境課題に対処する製品や、サービスを提供する上場企業のみを集めたインデックスが、立ち上がっています。

今回ご紹介するのは、このインデックスに連動したETFとなります。

では、まずは運用成績を観てみたいと思います。

ここでは、米国株S&P500指数連動のETFと、過去4年間を比較してみました。

 インパクト投資ETFS&P500 ETF
2017年23.60%21.69%
2018年
-7.55%-4.45%
2019年24.80%31.29%
2020年44.65%18.40%

いかがでしょうか!?
特に、2020年は、大きくS&Pを上回る成績を残しています。

また現在、当ETFは、約140銘柄に分散投資を行っています。

業種別にみると以下のようになっています。

生活必需品19.7%
資本財19.0%
ヘルスケア 17.4%
一般消費財13.4%
素材関連 11.8%
不動産8.0%
公共事業4.6%
情報技術 4.2%
通信サービス1.4%
キャッシュ、その他0.5%

インパクト投資とはいっても、かなり幅広い分野に分散していることがわかります。

その他ファンド概要は、以下をご覧ください。

ファンド形態インパクト投資ETF
運用開始日2016年4月
運用残高5億1千万米ドル
投資通貨米ドル
購入手数料なし
マネジメントフィー0.49%
取引頻度毎日

コストが安く、透明性の高いETFで、“インパクト投資”の将来性に期待されたい方には、面白いファンドではないかと思います。

なお、当ファンドに関するご質問、ご相談、投資助言を希望される方は、以下のURLから、「インパクト投資ETF」のファンド名で、お問合せください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top