今日の数字「34位」

こんにちは!

さて、今回は、恒例の日本の世界ランキングです。

今年は、昨年より4つ順位を下げて、“34位”となりました。何のランキングかというと・・・

スイスの有力ビジネススクールIMDが、この度、「2020年世界競争力ランキング」を、発表しました。

調査対象は、世界の63の国と地域で、各国政府や世界銀行の統計データ及び、アンケート調査をもとにランキングしています。

日本がランクを下げたのは残念ですが、今年最も注目されたのは、今まで上位の“常連”だった「香港」の順位です。

では、上位のランキングを観てみましょう。

1位 シンガポール(前年1位)
2位 デンマーク (前年8位)
3位 スイス   (前年4位)
4位 オランダ  (前年6位)
5位 香港    (前年2位)

昨年2位の香港は、かろうじて5位に踏みとどまりました。

とはいえ、中国による国家安全法の制定で、「一国二制度」が事実上形骸化し、さらに香港の民主活動家への圧力が、日に日に増しています。

この状況が常態化すれば、来年のランキングでは、“ベスト10”にも入らない可能性も出てきました。

実際に、この問題も含め、貿易戦争などで対立している米国は、前年3位から10位に転落、中国も14位から20位に順位を落としています。

一方、日本に目を転じると、残念ではありますが、相変わらず、“この手の評価”は低いのが実状です。

特に、「起業環境」や「国際経験」といった分野では、最下位の評価となっています。

成熟経済が進み、高齢社会となった日本、根本的な体質改善を図らなければ、このまま“競争力”は、低下の一途をたどることでしょう。

「これからの10年」が、国にとっても、個人においても、まさに“正念場”と言えそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top