マネージド・フューチャーズ・ファンド

こんにちは!

さて昨今、株式市場や債券市場が乱高下する中、ここにきて「マネージド・フューチャーズ」が、好調な成績を残しています。

「マネージド・フューチャーズ」手法のファンドの多くは、1990年代から運用が開始されました。

中でも、世界的に有名なヘッジファンドは、“トレンドフォロー型マネージド・フューチャーズ”という戦略に分類されています。

投資対象は、100種類以上の先物・先渡取引市場と、数千を超える株式・クレジットで、「買い(ロング)」と「売り(ショート)」の取引を、最新の研究開発と独自のデータを駆使し、システマティックに運用を行っています。

10年前までは、比較的コンスタントに、年間10%以上の利益を出し、特にリーマンショックの下落トレンド時には、大きく利益を出し、脚光を浴びました。

ただ、近年は、相場環境が大きく変化したことから、マイナスの年も珍しくなく、米国株価指数の成績を大きく下回る年もありました。

そんな歴史を持つ「マネージド・フューチャーズ」手法のファンドですが、今年に入り、特に原油を始めとする「コモディティの上昇」と「米国の利上げ」に明確なトレンドが見られるため、大きく利益を上げています。

では、世界的に有名な2つのファンドの実績を観てみましょう。

Aファンド

2017年5.25%
2018年-3.21%
2019年9.98%
2020年11.34%
2021年2.86%
2022年4月現在17.42%

Bファンド

2017年7.89%
2018年-0.57%
2019年3.00%
2020年-20.60%
2021年12.92%
2022年4月現在17.06%

ご覧いただいてわかるように、今年は、両ファンドとも、株式相場との「相関性の低さ」が十分発揮され、大きく利益を上げています。

Aファンドは、「天然ガス」のロング、「債券」のショートなどが大きな収益源となりました。また、Bファンドは、「原油」と「米ドル」のロングポジションが上昇要因となっているようです。

2010年以降、低迷期が長く続きましたが、今のような相場環境においては、「ポートフォリオ」の一部に、マネージド・フューチャーズ手法のファンドを組み込むことで、全体の下落幅を抑えることも可能となります。

なお、「マネージド・フューチャーズ・ファンド」に関するご質問、ご相談などについては、以下のフォームより、お問合せください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top