新モデル・ポートフォリオ「Hybrid Balanced+α」のご紹介-その2

さて前回は、新モデル・ポートフォリオを構成している「Hybrid Balanced」の特徴をご紹介しましたが、今回は、もう一つの「モデル・ポートフォリオ」である「ETF+α」の特徴を観ていきたいと思います。

ETF+αポートフォリオの特徴

「ETF+α」は、ETF(上場投資信託)を用いたポートフォリオで、2017年からサービスを開始しました。

ETFとは、ご存知とは思いますが、証券取引所に上場している投資信託で、あらかじめ決められた指数に、連動するように運用されます。

また、通常のファンドと比較して、基本的に信託報酬が低く設定されており、少額から投資できるのも大きなメリットです。

当ポートフォリオの最大の特徴は、市場の値動き(トレンド)を見ながら、“テクニカル手法”を用いて、米国株と米国債券のETFの売買を行うことにあります。

その意味では、“アセット・アロケーション”を重視する「Hybrid Balancedポートフォリオ」とは、全く違った運用戦略を採用しています。

「ETF+α」には、お客様の“リスク許容度”に合わせて、3つのタイプがあります。

a. ポートフォリオA(積極型)
b. ポートフォリオB(バランス型)
c. ポートフォリオC(安定型)

では、実際に、「ETF+α」の実績を観てみましょう。

設定来から、リスクの異なる「米国株ETF」と、「米国債券ETF」を投資対象とし、年数回程度売買を行い、「ポートフォリオ」の運用を行ってきました。

まずは、2019年までの運用実績は、以下のようになっていました。

ETF+αポートフォリオAの年間成績

2013年45.27%
2014年27.94%
2015年-3.45%
2016年17.08%
2017年30.93%
2018年-11.86%
2019年31.58%

ETF+αポートフォリオBの年間成績

2013年40.12%
2014年18.64%
2015年-1.10%
2016年13.95%
2017年27.68%
2018年-11.18%
2019年28.70%

ETF+αポートフォリオCの年間成績

2013年18.61%
2014年14.88%
2015年-1.89%
2016年9.44%
2017年15.29%
2018年-4.20%
2019年17.36%

※2013年1月から2017年2月までの成績は、バックテスト期間の数字となります。

各ポートフォリオ共、「リスク許容度」に応じて、それ相応の実績を残してきました。

では、気になる昨年2020年の運用実績と、「設定来」のパフォーマンス(年率)を、確認してみましょう。

ETF+αポートフォリオAの年間成績

2020年の実績24.49%
設定来の年率16.91%

ETF+αポートフォリオBの年間成績

2020年の実績24.38%
設定来の年率14.80%

ETF+αポートフォリオCの年間成績

2020年の実績12.23%
設定来の年率9.32%

いかがでしょうか!?

ご覧いただいてわかるように、2020年も、かなり大きな相場の乱高下がありましたが、リスクに応じた運用結果を残すことができました。

積極運用タイプの「ポートフォリオA」は、設定来年率17%近いハイパフォーマンスを残しています。

また、一番リスクを抑えた運用を行っている「ポートフォリオC」も、年率9.32%の実績となっています。

では次回は、本日紹介した「ETF+α」と、「Hybrid Balanced」を融合した新モデル・ポートフォリオを、いよいよご紹介させていただきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top